写真撮影の時、小顔に写りたい!という女性は多いですよね。

小顔の方が可愛くて美人に見えるでしょう。

スタイルも良く見えて何かとお得!

 

20代~30代にかけて、友達の結婚式など何かイベントがあると、写真撮影をする機会があるのでは?

そんな時、自分だけ顔が大きく見えてしまったら、ショックで恥ずかしい気分になる女性もいるでしょう。

 

小顔になるために小顔矯正サロンに通うという手段もありますが、自分で顔のリンパマッサージをするという選択肢もあります。

今回は、そのリンパマッサージの効果について具体的にご紹介していきます。

小顔になりたい!という女性は、ぜひ最後まで読んでみてください。

 

顔のリンパマッサージで小顔に!?ツボの場所は?

顔のリンパマッサージは、セルフでもできますし、小顔整体サロンでもしている施術です。

プロにやってもらうと小顔効果も大きくなりますが、サロンに行けない時は、自分で顔のリンパマッサージをするのでもOKです。

 

そしてツボの場所をとらえてリンパマッサージをすることによって、グンと効果も高くなるでしょう。

顔といってもパーツがいくつかありますが、主にフェイスラインをマッサージすることで、小顔効果が得られると言われています。

 

具体的には、【こめかみ】や【耳の下】がおすすめの場所です。

この部分は老廃物がたまりやすく、マッサージすることで血液の流れが促進され、老廃物が流れやすくなり、結果的にスッキリとした小顔になれると期待できます。

 

顎のちょうど付け根にあたる部分を中心によく揉んでおくと、効果的です。

ちなみに私も毎日入浴の時、顔のリンパマッサージをしています。

 

よく揉む場所は、こめかみや顎の付け根です。

毎日湯船につかっている時にしているのですが、このおかげなのか、顔が小さいと言われることが増えてきました。

ぜひ皆さんも、リンパのツボを意識して顔のマッサージをしてみてくださいね。

 

また、顔には一見関係ないように思える「デコルテ」も揉んでおくと、リンパの流れが改善されてきます。

デコルテには鎖骨がありますよね。

鎖骨にも意外と老廃物がたまりやすいのです。

 

このため、リンパマッサージで滞った血液を流してあげることによって、小顔に近づけられるでしょう。

 

痛い?リンパマッサージをしたら顔が腫れるワケ

リンパマッサージのやり方を間違えてしまうと、痛みや腫れの原因になってしまいます…。

正しいやり方でリンパマッサージをすることによって、血液が正常に促進され、小顔効果が得られるでしょう。

 

その一方で、お肌に過剰な刺激を与えるようなリンパマッサージをしてしまうと、痛い!と感じることがあります。

また、その時は痛くなくても、後で顔が痛いような感覚になることもあるでしょう。

 

顔が腫れるなど、肌トラブルにつながってしまうこともあります。

顔のマッサージを行う時は、とにかく丁寧に優しく行うことが大事です。

 

強くマッサージする、摩擦を加えるなどしてしまうと、しわやたるみの原因になることも…!

 

どんな効果が期待できる?

顔のリンパマッサージをすることによって、小顔になれる効果が期待できます。

リンパは老廃物を運んでくれる血液が流れている部分でもあります。

この部分は新陳代謝やアンチエイジングなどに関係しているだけでなく、リンパの流れが滞ってしまうことによって、顔のむくみが出やすくなってしまうのです。

リンパマッサージは、リンパの流れを改善して老廃物の排出を促してくれますが、具体的な効果としては冷え性や二重あご、むくみを改善する効果も期待できます。

 

むくみを改善効果が最も高い?

リンパマッサージの効果として、最も効果的なのはむくみを改善する作用です。

これは私も実感しました。

 

朝起きて顔がむくんでいる時や、寝不足で顔がむくんでいる時、リンパマッサージをするとむくみがほぐれてきます。

そもそもどうしてむくんでしまうのかというと、たまった老廃物がリンパ管を詰まらせて流れを悪くしてしまうからです。

 

リンパマッサージによってリンパの流れが改善できれば、体全体のリンパの流れも改善して、むくみにくい体質へと変えていけるでしょう。

顔のむくみがなくなれば、フェイスラインもスッキリして、結果的に小顔になっていきます。